英国のパブリック スクール


英国のパブリック スクール


「パブリック(公立)」という名が付けられているにも関わらず、英国では パブリック・スクールは 中等教育の私立学校のことです

 

2006年投稿記事

パブリック・スクールについて

英国ではかつて教育が王侯貴族のみにしか与えられなかった時代がありましたが 19世紀後半に授業料さえ払えば一般人(パブリック)でも教育を受けられる国家制度が整えられ、この教育機関がパブリック・スクールと呼ばれるようになったわけです。

英国における公立学校は「State School(ステイト・スクール)」と呼ばれ パブリック・スクールとは「主に寄宿制で、授業料が高く、裕福な階級の子弟を全国的規模で集めている私立中等学校」でありHeadmasters Conferenceに加盟している伝統校が「パブリック・スクール」だと言われ 残りは「インディペンデント・スクール」と呼ばれます。

彼らエリートは優秀な教師たちから指導を受けて、やがてはオックスブリッジ(英国ではオックスフォード・ケンブリッジを総称してそう呼んでいる)といった名門大学に進学していき また大学を卒業した後も、各業界で同じパブリック・スクール出身者が幅を利かせている場合があり、就職活動の際にコネとして利用されることも多いといわれています。

伝統的なパブリック・スクールの特徴は主として寄宿制ですが、現在のパブリック・スクールでみると、ウィンチェスター・カレッジのように寄宿生だけつまり在学生の95%以上が寄宿生という学校はわずかでしかなく 多くのパブリック・スクールは通学制か、もしくは寄宿生の割合がせいぜい5%ほどで しかもウィークリーボーダー(Weekly Boarder:週末は家に帰る寄宿生)や通学生の割合が年々増えているのが現状です。
実際 寄宿舎を維持していくのが経済的に困難になった学校も多く 寄宿設備をもっていた学校で寄宿生を廃止し通学生だけにしてしまった学校や 週末の寄宿を廃止している学校も少なくありません。

パブリックスクールに入る前は プリ・プレップ・スクールそして プレパラトリー・スクールと呼ばれる学校で初等・中等教育を受けるわけです。

そこでは 寄宿生は 法律では7歳から受け入れられ 13歳までの生徒は、通常は同年齢の子供たちと同じ部屋で生活し、放課後はハウスマスターやハウスミストレスと呼ばれる 寮の親がわりの職員の世話を受けます。

パブリック・スクールの名門校ラグビー・スクール校長が残した「健全な精神は健全な身体に宿る」との名言が示すように、パブリック・スクールにとってスポーツは教育の根幹で 学校生活でも重要な部分を占めます。ラグビー、クリケット、サッカー、テニスといったスポーツを、初等教育の課程でから プロのコーチの指導の下かなり本格的に行われ プレパラトリー・スクールでは 水曜日と土曜日の午後には 他校との対抗試合が盛んで またパブリック・スクールでは 普段の学校生活で培ったチームワークと互いのプライドを賭けて、ハウス(ハウスとは 学校内の全生徒がいくつかに分かれ 勉強・音楽・スポーツなど全てのことでポイントを競う)ごとの対戦試合が頻繁に行われ 他のパブリック・スクールとの対抗戦のため遠征に行くこともあります。

またプリフェクトという役職があり、校長に任命された優秀な1718歳の生徒が 学内で秩序を守るなど、教師の補佐をしたりしています。他にも部屋、寄宿舎、学校ごととそれぞれの単位で細かくリーダーが決められており、これらの肩書きは後にCV(履歴書)にも記載されるということです。

1889年に発行された“The Public Schools Yearbook” (パブリック・スクール・イヤーブック)に掲載されている 27 の寄宿学校は下記の学校で 全てイングランドにあります。

*(日本でイギリスと呼ばれている英国とは連合王国(United Kingdom,略してUK)のことで イングランド(England)、 ウェールズ (Wales)、スコットランド (Scotland)、 北アイルランド (Northern Ireland) の四つの非独立国の集まりです)

  • Bedford School
  • Bradfield College
  • Brighton College
  • Charterhouse School
  • Cheltenham College
  • Clifton College
  • Dover College
  • Dulwich College
  • Eton College
  • Giggleswick School
  • Haileybury College
  • Harrow Schoo
  • Hurstpierpoint College
  • Lancing College
  • Malvern College
  • Marlborough College
  • Radley College
  • Repton School
  • Rugby School
  • Sherborne School
  • Shrewsbury School
  • St Bees School
  • Tonbridge School
  • Uppingham School
  • Wellington College
  • Westminster School
  • Winchester College

英国のパブリック スクール

英国の教育制度 ③ 私立学校

(2006年投稿記事)

「パブリック(公立)」という名が付けられているにも関わらず、英国では パブリック・スクールは 中等教育の私立学校のことです

 


パブリック・スクールについて

英国ではかつて教育が王侯貴族のみにしか与えられなかった時代がありましたが 19世紀後半に授業料さえ払えば一般人(パブリック)でも教育を受けられる国家制度が整えられ、この教育機関がパブリック・スクールと呼ばれるようになったわけです。

英国における公立学校は「State School(ステイト・スクール)」と呼ばれ パブリック・スクールとは「主に寄宿制で、授業料が高く、裕福な階級の子弟を全国的規模で集めている私立中等学校」でありHeadmasters Conferenceに加盟している伝統校が「パブリック・スクール」だと言われ 残りは「インディペンデント・スクール」と呼ばれます。

彼らエリートは優秀な教師たちから指導を受けて、やがてはオックスブリッジ(英国ではオックスフォード・ケンブリッジを総称してそう呼んでいる)といった名門大学に進学していき また大学を卒業した後も、各業界で同じパブリック・スクール出身者が幅を利かせている場合があり、就職活動の際にコネとして利用されることも多いといわれています。

伝統的なパブリック・スクールの特徴は主として寄宿制ですが、現在のパブリック・スクールでみると、ウィンチェスター・カレッジのように寄宿生だけつまり在学生の95%以上が寄宿生という学校はわずかでしかなく 多くのパブリック・スクールは通学制か、もしくは寄宿生の割合がせいぜい5%ほどで しかもウィークリーボーダー(Weekly Boarder:週末は家に帰る寄宿生)や通学生の割合が年々増えているのが現状です。
実際 寄宿舎を維持していくのが経済的に困難になった学校も多く 寄宿設備をもっていた学校で寄宿生を廃止し通学生だけにしてしまった学校や 週末の寄宿を廃止している学校も少なくありません。

パブリックスクールに入る前は プリ・プレップ・スクールそして プレパラトリー・スクールと呼ばれる学校で初等・中等教育を受けるわけです。

そこでは 寄宿生は 法律では7歳から受け入れられ 13歳までの生徒は、通常は同年齢の子供たちと同じ部屋で生活し、放課後はハウスマスターやハウスミストレスと呼ばれる 寮の親がわりの職員の世話を受けます。

パブリック・スクールの名門校ラグビー・スクール校長が残した「健全な精神は健全な身体に宿る」との名言が示すように、パブリック・スクールにとってスポーツは教育の根幹で 学校生活でも重要な部分を占めます。ラグビー、クリケット、サッカー、テニスといったスポーツを、初等教育の課程でから プロのコーチの指導の下かなり本格的に行われ プレパラトリー・スクールでは 水曜日と土曜日の午後には 他校との対抗試合が盛んで またパブリック・スクールでは 普段の学校生活で培ったチームワークと互いのプライドを賭けて、ハウス(ハウスとは 学校内の全生徒がいくつかに分かれ 勉強・音楽・スポーツなど全てのことでポイントを競う)ごとの対戦試合が頻繁に行われ 他のパブリック・スクールとの対抗戦のため遠征に行くこともあります。

またプリフェクトという役職があり、校長に任命された優秀な1718歳の生徒が 学内で秩序を守るなど、教師の補佐をしたりしています。他にも部屋、寄宿舎、学校ごととそれぞれの単位で細かくリーダーが決められており、これらの肩書きは後にCV(履歴書)にも記載されるということです。

1889年に発行された“The Public Schools Yearbook” (パブリック・スクール・イヤーブック)に掲載されている 27 の寄宿学校は下記の学校で 全てイングランドにあります。

*(日本でイギリスと呼ばれている英国とは連合王国(United Kingdom,略してUK)のことで イングランド(England)、 ウェールズ (Wales)、スコットランド (Scotland)、 北アイルランド (Northern Ireland) の四つの非独立国の集まりです)

  • Bedford School
  • Bradfield College
  • Brighton College
  • Charterhouse School
  • Cheltenham College
  • Clifton College
  • Dover College
  • Dulwich College
  • Eton College
  • Giggleswick School
  • Haileybury College
  • Harrow Schoo
  • Hurstpierpoint College
  • Lancing College
  • Malvern College
  • Marlborough College
  • Radley College
  • Repton School
  • Rugby School
  • Sherborne School
  • Shrewsbury School
  • St Bees School
  • Tonbridge School
  • Uppingham School
  • Wellington College
  • Westminster School
  • Winchester College