私自身の子供たちに選んだ選択肢

education

私自身の子供たちに選んだ選択肢

私自身、日本に戻りビジネスを始めた際には 3人の子供を英国に置いたまま帰国しました。

一番上の子は 英国の教育上Aレベルの時期でしたから そのまま選択肢もなく英国に留まり、2番目の子と3番目の子は 私の仕事が日本に落ち着くまでは そのまま英国のボーディング・スクールで過ごさせました。


英国のボーディング・スクールは 大体の学校は 通学生も受け入れていますので 私が英国に滞在中は「通学生」として そして不在の時には「寄宿生」として過ごしました。

子供たちは 実に生き生きと楽しい寮生活を送っていましたから 日本に来るのは不安がり、嫌がりましたが 一度日本の学校生活も送らせてみたかったので それぞれ日本での「中学1年生」と「小学4年生」のときに 日本に連れて来て 日本の学校に通わせ始めました。

お世話になった学校は 某教育大学の付属小学校と中学校で 帰国生枠があり ひらがなもカタカナも読み書きが出来なかった子供たちにとっては ソフトランディング出来るかと考え選択しました。

とても子供たちのことを考えてくださるすばらしい学校で 感謝しても仕切れないほどお世話になりました。
2人とも日本語も覚え 友達も多く作り充実した学校生活を送っていましたが それでも二番目の子は3年後、自分から英国に戻る決心をし、英国の寮生活に戻りました。

三番目の子は「中学校進学」の際に どこの学校を選ぶか迷いましたが 結果として日本国内の「インター・ナショナル」のIB(国際バカロレア)コースに行くことに決めました。

私自身の子供たちに選んだ選択肢

私自身、日本に戻りビジネスを始めた際には 3人の子供を英国に置いたまま帰国しました。

一番上の子は 英国の教育上Aレベルの時期でしたから そのまま選択肢もなく英国に留まり、2番目の子と3番目の子は 私の仕事が日本に落ち着くまでは そのまま英国のボーディング・スクールで過ごさせました。


英国のボーディング・スクールは 大体の学校は 通学生も受け入れていますので 私が英国に滞在中は「通学生」として そして不在の時には「寄宿生」として過ごしました。

子供たちは 実に生き生きと楽しい寮生活を送っていましたから 日本に来るのは不安がり、嫌がりましたが 一度日本の学校生活も送らせてみたかったので それぞれ日本での「中学1年生」と「小学4年生」のときに 日本に連れて来て 日本の学校に通わせ始めました。

お世話になった学校は 某教育大学の付属小学校と中学校で 帰国生枠があり ひらがなもカタカナも読み書きが出来なかった子供たちにとっては ソフトランディング出来るかと考え選択しました。

とても子供たちのことを考えてくださるすばらしい学校で 感謝しても仕切れないほどお世話になりました。
2人とも日本語も覚え 友達も多く作り充実した学校生活を送っていましたが それでも二番目の子は3年後、自分から英国に戻る決心をし、英国の寮生活に戻りました。

三番目の子は「中学校進学」の際に どこの学校を選ぶか迷いましたが 結果として日本国内の「インター・ナショナル」のIB(国際バカロレア)コースに行くことに決めました。