留学を薦める理由


留学を薦める理由


私が 親として子供を育てる上での目的は 親がいなくても どこの場所でも どんな状況でも生きて行ける「子供の自立」にあります。

留学を薦める上で 目的は「英語?」と言う問いに対して、英語は世界共通語としてとても重要な言語ですから 英語力を向上させるための目的でもありますが 私はそれが一番重要とは限らないと思います。 
確かに 子供を国際的な人間に育てるためには また世界の人々と交流するためには、世界標準語となった英語を使いこなすことが必要だと思います。しかしながら 英語は道具に過ぎず 手段ではありません。人とのコミュニケーションができなかったり 仕事のノウハウや中身がない限り、英語ができても仕方がないからです。

また、子供を育てる上で 私が一番に重要と考えることは 「教育のバランス」です。
「アカデミック・アビリティ(学力)」、「ソーシャル コミュニケーション・スキル(人間性)」、「健康や体力」、これらのバランスが取れた教育というものが最重要と思います。

国際社会のさまざまな分野で活躍させる子供を育成させるための教育目標として 「子供を狭い枠の中から出すこと」が必要と思います。
日本人が日本の中だけの常識や習慣しか知らない、イギリス人でもどこの国の人でも その生まれた国しか知らないと とても視野が狭くなります。

過去に掲載した[英国の常識と日本の常識]というブログでも少しの例を挙げましたが 「常識」の違いにも理由があり どちらも「正解・不正解」ではありません。

物事を客観的に見つめることができるようになると ぐっと世界がいろいろな角度から見えるようになり もしどん底に陥ったときや苦境に立ったときでもいろいろな角度から解決法を捜せば光が見える場所があるはずです。
また気がつかない場所に宝箱が埋まっているかもしれません。
そしてネットワークを広げておけば いつかどこかで助けてくれたり見守ってくれる知人が出現するかもしれません。

ですから「留学」を薦めたいのです。

次のページでは英国で働いた経験から思うことをお話します。

留学を薦める理由


私が 親として子供を育てる上での目的は 親がいなくても どこの場所でも どんな状況でも生きて行ける「子供の自立」にあります。


私が 親として子供を育てる上での目的は 親がいなくても どこの場所でも どんな状況でも生きて行ける「子供の自立」にあります。

留学を薦める上で 目的は「英語?」と言う問いに対して、英語は世界共通語としてとても重要な言語ですから 英語力を向上させるための目的でもありますが 私はそれが一番重要とは限らないと思います。 
確かに 子供を国際的な人間に育てるためには また世界の人々と交流するためには、世界標準語となった英語を使いこなすことが必要だと思います。しかしながら 英語は道具に過ぎず 手段ではありません。人とのコミュニケーションができなかったり 仕事のノウハウや中身がない限り、英語できても仕方がないからです。

また、子供を育てる上で 私が一番に重要と考えることは 「教育のバランス」です。
「アカデミック・アビリティ(学力)」、「ソーシャル コミュニケーション・スキル(人間性)」、「健康や体力」、これらのバランスが取れた教育というものが最重要と思います。

国際社会のさまざまな分野で活躍させる子供を育成させるための教育目標として 「子供を狭い枠の中から出すこと」が必要と思います。
日本人が日本の中だけの常識や習慣しか知らない、イギリス人でもどこの国の人でも その生まれた国しか知らないと とても視野が狭くなります。

過去に掲載した[英国の常識と日本の常識]というブログでも少しの例を挙げましたが 「常識」の違いにも理由があり どちらも「正解・不正解」ではありません。

物事を客観的に見つめることができるようになると ぐっと世界がいろいろな角度から見えるようになり もしどん底に陥ったときや苦境に立ったときでもいろいろな角度から解決法を捜せば光が見える場所があるはずです。
また気がつかない場所に宝箱が埋まっているかもしれません。
そしてネットワークを広げておけば いつかどこかで助けてくれたり見守ってくれる知人が出現するかもしれません。

ですから「留学」を薦めたいのです。

次のページでは英国で働いた経験から思うことをお話します。