英国で起業した経験から


英国で起業した経験から

私が1980年代後半に パートナーと英国に渡り起業しビジネス・子育てをしてきた上で感じてきたことです。

英国でビジネスを立ち上げるにあたり まず会社の登記方法から違いましたし、経理の方法も違い、さまざまな場面でその「違い」に悩まされました。


もちろん、日常生活、社会生活、子育ての場面でもです。

その中で気づいたことは 何事も「正解、不正解」ではないということです。

硬貨でも「表・裏」があるように ものには大体のものに「表・裏」がありますが どちらも事実なのです。
考え方も同様で 「到達」するまでには 色々なアプローチ方法やプロセスがあるのです。

英国で生活をしてきて「なるほど」と言う場面に何度も遭遇し、そのたびに解決方法が増えてきました。
ある方法で どうしてもできなかったことが 方向を変えてやってみるとできることが多くあるのです。

そういう色々な経験を積むことで どんな場合でも強く生きていく自信がつきますし 好奇心も増えてきます。

勿論 色々な失敗や挫折もありました。その中で 支えてくれる仲間や家族がいて そのことに感謝する気持ちも認識できるようになりました。

ですから失敗やそれに費やした時間も「無駄」なことは何一つなかったといえるでしょう。

次のページでは私自身の子供たちに選んだ選択肢をお話します。

英国で起業した経験から

私が1980年代後半に パートナーと英国に渡り起業しビジネス・子育てをしてきた上で感じてきたことです。

英国でビジネスを立ち上げるにあたり まず会社の登記方法から違いましたし、経理の方法も違い、さまざまな場面でその「違い」に悩まされました。


もちろん、日常生活、社会生活、子育ての場面でもです。

その中で気づいたことは 何事も「正解、不正解」ではないということです。

硬貨でも「表・裏」があるように ものには大体のものに「表・裏」がありますが どちらも事実なのです。
考え方も同様で 「到達」するまでには 色々なアプローチ方法やプロセスがあるのです。

英国で生活をしてきて「なるほど」と言う場面に何度も遭遇し、そのたびに解決方法が増えてきました。
ある方法で どうしてもできなかったことが 方向を変えてやってみるとできることが多くあるのです。

そういう色々な経験を積むことで どんな場合でも強く生きていく自信がつきますし 好奇心も増えてきます。

勿論 色々な失敗や挫折もありました。その中で 支えてくれる仲間や家族がいて そのことに感謝する気持ちも認識できるようになりました。

ですから失敗やそれに費やした時間も「無駄」なことは何一つなかったといえるでしょう。

次のページでは私自身の子供たちに選んだ選択肢をお話します。