正規留学 特別プログラムのご紹介


イギリス全寮制学校 半学期体験プログラム(4~6週間)

英国の教育スペシャリストであるYork International Education Programmesの代表であるDouglas Humphrey氏が長年にわたり築いてきた学校群との関係により、「イギリス全寮制学校(ボーディング・スクール) 半学期体験プログラム(4~6週間)」を実現いたしました。


1ヶ月間でも「正真正銘の英国のボーディング・スクールの生活を味わいたい!」というお子様やご家庭にとってはとても魅力的なものです。

通常では 英国人の家庭でも ほとんど実現しません。
そのような学校は入学も難しく、子供が小さいうちから 中には生まれた時点で つまり入学の何年も前からウェイティングリスト(waiting list)という出願申し込みをしなければ受験資格も与えられないからです。

そこでご紹介するのが「インテグレーション・プログラム THE INTEGRATION PROGRAMME」という短期正規留学体験のプログラムです。

インテグレーション・プラグラムの主な目的は、お子様が英国で全日制の教育を受けられる前に、イギリスの全寮制学校における生活を体験する機会をご提供するというものです。この体験をすることによって、お子様とご両親様が学校へ戻られる際に、もしその体験をしておかなかったらお感じになるかもしれない不安をほとんど払拭することができます。

生徒は正規の学生として学校生活に溶け込みます。自分の年齢相応の授業を受け、夕方には「プレップ」と呼ばれる宿題をやったり、スポーツをしたりして、他の寄宿生と友達付き合いをします。生徒は制服を着用します。(ご希望があれば、きれいにクリーニングされた中古の制服を借り受けることができます。
ただし、L6(Lower6 と呼ばれるイギリスの教育制度[General Certificate of Education (GCE)Aレベルの学年で16~17歳)にに入学する場合は別です。
大人として扱うので、L6のクラスの服装規定は通常それほど厳しくありません。

ほとんどの学校が寄宿生のために週末の活動や遠足を用意し、生徒達はそういった行事に参加することになっています。

生徒の英語のレベル次第で、総費用の一部として、または別料金で、英語の特別レッスンが受けられます。しかし、学校は週2回を超えるレッスンを提供することはできません。レッスンはマン・ツー・マンか少人数で行われます。

生徒には学校の規律や行動規定を遵守することが期待されます。例えば、指定された時間に就寝したり起床したりします!

ある特定の学校に通う機会が与えられるかどうかは、その学校に通うことを希望する生徒の性別や年齢に合ったベッドが空いているかどうか、およびそのベッドが要望通りの週の数だけ空いているかどうかによります。

インテグレーション・プログラムは、今まで学期の半分の期間を使って、大抵6月に行われてきましたが、他の時期の半学期でもお受けできる場合があります。
学期の半分(4~6週間)未満の期間も可能ではありますが、私どもの経験から申しますと、半学期(4~6週間)の方が断然好まれますし、しかもその方が有益です。
というのは、最初の2週間はいつも調整期間で、その間に生徒は時間割や文化の違いに慣れ、更に生徒と両親(とりわけ母親)が経験することがあるホームシックを克服するのです
。このプログラムは学期中に行われるもので、学校の休暇にずれ込むことはできません。

EXEAT(エクシアットと呼ばれる外出許可日:金曜日の午後から日曜日の夕方まで)がある場合は、生徒は週末をホストファミリーの家で過ごしますが、大抵もう一人の生徒と一緒に行きます。

インテグレーション・プログラムには英語サマー・キャンプよりも際立って有利な点があります。それは当プログラムが教育志向で、より本格的であること、そして生徒がイギリス人の生徒達と交わる点です。中には学校に自分と同じ国から来た寄宿生がいることがあるかもしれませんが、生徒はいつでも英語を練習するよりほか手がありません。イギリス人の生徒は英語のサマー・キャンプには参加しません。

当プログラムのもう一つの大きな強みは、もし生徒が全日制の学生として、その学校へ戻ることにした場合、どんなことが起こるのか生徒にはすっかりわかっているし、すでに友達を作ったり、先生に会ったりしているかもしれず、最初から有能な学生としてスタートすることができるということです。

イギリス全寮制学校 半学期体験プログラム(4~6週間)

英国の教育スペシャリストであるYork International Education Programmesの代表であるDouglas Humphrey氏が長年にわたり築いてきた学校群との関係により、「イギリス全寮制学校(ボーディング・スクール) 半学期体験プログラム(4~6週間)」を実現いたしました。


1ヶ月間でも「正真正銘の英国のボーディング・スクールの生活を味わいたい!」というお子様やご家庭にとってはとても魅力的なものです。

通常では 英国人の家庭でも ほとんど実現しません。
そのような学校は入学も難しく、子供が小さいうちから 中には生まれた時点で つまり入学の何年も前からウェイティングリスト(waiting list)という出願申し込みをしなければ受験資格も与えられないからです。

そこでご紹介するのが「インテグレーション・プログラム THE INTEGRATION PROGRAMME」という短期正規留学体験のプログラムです。

インテグレーション・プラグラムの主な目的は、お子様が英国で全日制の教育を受けられる前に、イギリスの全寮制学校における生活を体験する機会をご提供するというものです。この体験をすることによって、お子様とご両親様が学校へ戻られる際に、もしその体験をしておかなかったらお感じになるかもしれない不安をほとんど払拭することができます。

生徒は正規の学生として学校生活に溶け込みます。自分の年齢相応の授業を受け、夕方には「プレップ」と呼ばれる宿題をやったり、スポーツをしたりして、他の寄宿生と友達付き合いをします。生徒は制服を着用します。(ご希望があれば、きれいにクリーニングされた中古の制服を借り受けることができます。
ただし、L6(Lower6 と呼ばれるイギリスの教育制度[General Certificate of Education (GCE)Aレベルの学年で16~17歳)にに入学する場合は別です。
大人として扱うので、L6のクラスの服装規定は通常それほど厳しくありません。

ほとんどの学校が寄宿生のために週末の活動や遠足を用意し、生徒達はそういった行事に参加することになっています。

生徒の英語のレベル次第で、総費用の一部として、または別料金で、英語の特別レッスンが受けられます。しかし、学校は週2回を超えるレッスンを提供することはできません。レッスンはマン・ツー・マンか少人数で行われます。

生徒には学校の規律や行動規定を遵守することが期待されます。例えば、指定された時間に就寝したり起床したりします!

ある特定の学校に通う機会が与えられるかどうかは、その学校に通うことを希望する生徒の性別や年齢に合ったベッドが空いているかどうか、およびそのベッドが要望通りの週の数だけ空いているかどうかによります。

インテグレーション・プログラムは、今まで学期の半分の期間を使って、大抵6月に行われてきましたが、他の時期の半学期でもお受けできる場合があります。
学期の半分(4~6週間)未満の期間も可能ではありますが、私どもの経験から申しますと、半学期(4~6週間)の方が断然好まれますし、しかもその方が有益です。
というのは、最初の2週間はいつも調整期間で、その間に生徒は時間割や文化の違いに慣れ、更に生徒と両親(とりわけ母親)が経験することがあるホームシックを克服するのです
。このプログラムは学期中に行われるもので、学校の休暇にずれ込むことはできません。

EXEAT(エクシアットと呼ばれる外出許可日:金曜日の午後から日曜日の夕方まで)がある場合は、生徒は週末をホストファミリーの家で過ごしますが、大抵もう一人の生徒と一緒に行きます。

インテグレーション・プログラムには英語サマー・キャンプよりも際立って有利な点があります。それは当プログラムが教育志向で、より本格的であること、そして生徒がイギリス人の生徒達と交わる点です。中には学校に自分と同じ国から来た寄宿生がいることがあるかもしれませんが、生徒はいつでも英語を練習するよりほか手がありません。イギリス人の生徒は英語のサマー・キャンプには参加しません。

当プログラムのもう一つの大きな強みは、もし生徒が全日制の学生として、その学校へ戻ることにした場合、どんなことが起こるのか生徒にはすっかりわかっているし、すでに友達を作ったり、先生に会ったりしているかもしれず、最初から有能な学生としてスタートすることができるということです。