英国の寄宿学校の学校休暇が多い理由

XXL rendered image of the words school holidays are here written on a blackboard in a classroom. Books and an apple on the desk.

何故 英国の寄宿学校は学校休暇が多いのか?

英国の寄宿学校(ボーディングスクール)は 学業期間は 1年間(52週)のうち 30週(各学期は10週間)ですので それ以外の休暇(ホリデー)は年間で合計すると22週間(約4~5か月程度)もあります。

かつては七つの海を支配したといわれる大英帝国。
ですから世界中に植民地があったわけで 領主の多くは植民地にも領地をもっていました。

それらのお金持ちは 子供を寄宿学校(ボーディングスクール)に入れて、多くの時間を外国で過ごしたのです。子供たちは休暇中、外国にいる親のもとで過ごすことが多かったので、その名残で今でも英国の私立学校は学業休暇(ホリデー)が多いのです。

何故 英国の寄宿学校は学校休暇が多いのか?

ボーディング・スクールは 学業期間は 1年間(52週)のうち 30週(各学期は10週間)ですので それ以外の休暇(ホリデー)は年間で合計すると22週間(約4~5か月程度)もあります。

かつては七つの海を支配したといわれる大英帝国。
ですから世界中に植民地があったわけで 領主の多くは植民地にも領地をもっていました。

それらのお金持ちは 子供を寄宿学校(ボーディングスクール)に入れて、多くの時間を外国で過ごしたのです。子供たちは休暇中、外国にいる親のもとで過ごすことが多かったので、その名残で今でも英国の私立学校は学業休暇(ホリデー)が多いのです。