英国の携帯電話事情とSIMフリー

mob_sim

英国の携帯電話事情とSIMフリー 


英国はSIMフリー大国で 空港などにある自動販売機で「Pay As You Go」と呼ばれるプリペイド式のSIMカードを手軽に購入でき, スーパーなどで、通話・通信料をトップ・アップ(チャージ)して使います。

 

 

 

英国の携帯電話事情とSIMフリー

携帯電話(ガラケー)・スマートフォンには、契約者の情報や電話番号が記録されている「SIMカード」が挿入されていますが 以前は「SIMロック」と呼ばれる他社のSIMカードでは通信できないようする仕組みでした。
最近は 日本でも「SIMフリー」という言葉を聞くようになり 「SIMカード」を挿し替えることによって簡単に機種変更することが可能になっています。

イギリスでは「Pay Monthly」と呼ばれる契約携帯電話と「Pay As You Go」と呼ばれるプリペイドの携帯電話があり 携帯電話会社はO2(オーツー)、Vodafone(ボーダフォン)、T-Mobile(ティーモバイル)、Orange(オレンジ)、3(スリー)などが大手です。

イギリスの携帯電話の通信方式はGSMWCDMAの2種類です。
GSMとは、世界で最も一般的な通信方式で、日本と韓国以外のすべての国で使われており イギリスではGSMが一般的で、電波などの問題はほとんどありません。
WCDMA方式は3G(第三世代)の通信方式で、IMT-2000という特定の技術規格に準拠したもので、GSMよりも技術的には進んでいますが、WCDMAはGSMと比べるとアンテナも少なく回線状況も安定せず、通話がまともにできないと人気がありません。

ところで 私事で恐縮ですが、私は最近までスマートフォンを持っていませんでした。というより必要がなかったので持っていなかったのですが 海外とやり取りする上でwhatsapp(ワッツアップ) という、スマートフォン向け無料対話とリアルタイムでメッセージの交換ができるアプリケーションを使う必要が出てきたため やむを得ず持つようになったのです。
日本ではLine(ライン)が主流ですが 海外ではこのLine(ライン)アプリを使っている人はあまり見かけませんので 私の方が先方に合わせる形でした。
また 仕事をする上で デスクトップPC, ラップトップPCを主に使いますが ホームページなどの製作場面で色々な端末で検証をする必要があり タブレットやスマートフォンを追加したのも理由の一つでした。
私が使っているタブレットはSIMカードスロットがある仕様ではなく スマートフォンも電話の契約だけですので Wi-Fiの環境がある場所でしか使えません。
そこでLTE-Advanced通信対応のデュアルスロットSIMフリーモバイルルーターを購入しました。
これ一台あると1枚のSIMで複数台のガジェットを使ったり、SIMカードスロットのついていないWi-Fi対応モデルを外へ持ち出して使えるし、デュアルスロットなので国内と国外など利用するSIMを入れて切り替えて使うこともでき サイズも小さく軽量なので とても便利でお勧めです。

 

英国はSIMフリー大国で 空港などにある自動販売機で「Pay As You Go」と呼ばれるプリペイド式のSIMカードを手軽に購入でき, スーパーなどで、通話・通信料をトップ・アップ(チャージ)して使います。

英国の携帯電話事情とSIMフリー 最近は 日本でも「SIMフリー」という言葉を聞くようになり 「SIMカード」を挿し替えることによって簡単に機種変更することが可能になっています。

イギリスでは「Pay Monthly」と呼ばれる契約携帯電話と「Pay As You Go」と呼ばれるプリペイドの携帯電話があり 携帯電話会社はO2(オーツー)、Vodafone(ボーダフォン)、T-Mobile(ティーモバイル)、Orange(オレンジ)、3(スリー)などが大手です。

英国はSIMフリー大国で 空港などに自動販売機でプリペイド式のSIMカードを手軽に購入でき(但し、価格は高めですが、)スーパーなどで、通話・通信料をチャージして使います。
イギリスの携帯電話の通信方式はGSMWCDMAの2種類です。
GSMとは、世界で最も一般的な通信方式で、日本と韓国以外のすべての国で使われており イギリスではGSMが一般的で、電波などの問題はほとんどありません。
WCDMA方式は3G(第三世代)の通信方式で、IMT-2000という特定の技術規格に準拠したもので、GSMよりも技術的には進んでいますが、WCDMAはGSMと比べるとアンテナも少なく回線状況も安定せず、通話がまともにできないと人気がありません。
ところで 私事で恐縮ですが、私は最近までスマートフォンを持っていませんでした。というより必要がなかったので持っていなかったのですが 海外とやり取りする上でwhatsapp(ワッツアップ) という、リアルタイムでメッセージの交換ができるスマートフォン向けのアプリケーションを使う必要が出てきたため やむを得ず持つようになったのです。日本ではLineが主流ですが 海外ではこのアプリを使っている人はあまり見かけませんので 私の方が先方に合わせる形でした。
また 仕事をする上で デスクトップPC, ラップトップPCを主に使いますが ホームページなどの製作場面で色々な端末で検証をする必要があり タブレットやスマートフォンを追加したのも理由の一つでした。
私が使っているタブレットはSIMカードスロットがある仕様ではなく スマートフォンも電話の契約だけですので Wi-Fiの環境がある場所でしか使えません。
そこでLTE-Advanced通信対応のデュアルスロットSIMフリーモバイルルーターを購入しました。
これ一台あると1枚のSIMで複数台のガジェットを使ったり、SIMカードスロットのついていないWi-Fi対応モデルを外へ持ち出して使えるし、デュアルスロットなので国内と国外など利用するSIMを入れて切り替えて使うこともでき サイズも小さく軽量なので とても便利でお勧めです。